必死に調べて発見!頼りになる不動産担保ローン

不動産担保ローンの存在を知って、希望が見えてきた

いわゆる孤独死ということであり、やはり肉親ということで寂しさを感じたのは事実です。
しかし、それより強く胸にこみ上げてきたのは、昔を彷彿とさせる金銭的な不安です。
遺品整理にかかるお金ぐらいなら準備できないことはありません。
問題なのは私が把握していない父親の借金です。
当時のように借りることを繰り返していたのは想像に難くありません。
一緒に暮らしていたころは、家族が頑張って返済しても、いつのまにか父親が借りてくるのが定番のパターンでした。
そのうち消費者金融から借金の肩代わりを頼まれるに違いないと考えると恐ろしかったです。
すでに私は結婚しており、自分の家族に迷惑をかけるわけにはいきません。
家族が不安になる前に、どうにかして返済する方法を見つけておく必要があると考えました。
まだ借金返済を求める通達が来たわけではないです。
しかし、届いてから慌てふためいていては話になりません。
すぐに対応できるようにさっそく調べ始めました。
そこで問題になったのは請求額が分からないことです。
数百万年に達している可能性も十分に考えられます。
500万円以上の高額だった場合は、残念ながら貯金だけでは返せません。
そのような大金を用意する方法はなさそうに感じて諦めかけたときのことです。
不動産担保ローンの存在を知って、希望が見えてきた気がしました。

私には長く連絡を取り合っていない父親がいました : 不動産担保ローンの存在を知って、希望が見えてきた : 不動産担保ローンは用途が限定されていない