必死に調べて発見!頼りになる不動産担保ローン

私には長く連絡を取り合っていない父親がいました

私には長く連絡を取り合っていない父親がいました : 不動産担保ローンの存在を知って、希望が見えてきた : 不動産担保ローンは用途が限定されていない

私には長く連絡を取り合っていない父親がいました。
仕事が長く続きしない人だったので、母親をはじめとして家族はいつも経済的に苦しい状況だったと記憶しています。
いつも母親のパート収入で何とか食いつないでいたので、幼少のころは貧乏な暮らしが当たり前という認識だったのです。
ところが思春期になると周囲との違いを実感するようになりました。
特に痛感したのは高校の卒業旅行に行けなかったことです。
仲の良い友達に誘われたときに断るときは非常に辛かったです。
お土産を受け取ったときは、想い出を作れなった悔しさで涙が出ました。
そうような悔しい経験をしたのは私だけではありません。
他の家族も父親に対して不満がたまっており、我慢ができなくなった母親はとうとう離婚をしました。
それから15年ぐらいは父親と会っていません。
そんな私に警察から電話がかかってきました。
父親が遺体で発見されたので、後の処理をお願いしたいという連絡です。
アパートで死後1カ月の状態で見つかったと知らされました。

申し込みブラックリストでも不動産担保ローンの審査は通る!融資も受けられる | 審査の甘い不動産担保ローン~借りれて笑顔(^-^) https://t.co/oqxsCmzcVe

— 消費者金融の審査基準の実験 (@egm4022) 2018年10月23日